リラックスできる別荘地を見つけよう

別荘を、ずっと空き家にしておくのは物騒

別荘を所有している人の中には、年に数回使う程度という人もいるでしょう。
空き家同然で、放置されていることもあるかもしれません。
そうすると、どうしても周囲に雑草が生えたり、ほこりがたまったりと、殺伐とした雰囲気が漂うものです。
また、明らかに誰もいないと感じられると、防犯上の問題もあります。
盗難のほか、建物にダメージをつけられる恐れもあるでしょう。
もし、頻繁に訪れることができないなら、時々見回りをしてくれる管理人を雇ったり、ハウスクリーニングを申し込むのをお勧めします。
家は時々空気の入れ替えをしないと、どんどん劣化すると言われています。
まったく使用していないので、新品同然とは実はいかないのです。
資産として別荘を持っているのであれば、なおさら、価値が下がるのは避けたいところでしょう。
そのためにも、誰かに管理を任せるのがいいと思います。
多少のコストは必要になりますが、大幅な資産価値の下落に歯止めを食い止められることになるでしょう。

貸別荘としての空き家活用術

空き家問題の深刻化が進んでいます。
毎年20万戸ずつ増加しており、2030年には今より一千万人以上の人口減少が見込まれています。
長年に渡って放置された建物は老朽化が著しく、場合によっては倒壊する危険性もあるため、行政による強制的な取り壊しが行われるケースも増えています。
また地方のみならず、首都圏にも空き家問題が波及する可能性も高まっています。
住宅が余る時代が、すでに始まっているのです。
だからといって安易に壊したり捨てたりすることもできず、各自治体が住宅を取り巻く環境について頭を悩ませています。
そんな中、空き家をリノベーションし、貸別荘として再生させる試みも広がっているようです。
全く使われていない住宅を有効的に活用し、一日から一週間単位で賃貸をするという考え方で、利用希望者は使用したい時期だけ申し込むという仕組みです。
短期的な解決に繋げていくのは困難ですが、各地方の地道な取り組みによって全国的な話題性を喚起し、解決に導いていくしかありません。

recommend

225先物についての投資顧問からの情報

2018/5/2 更新

Copyright (C)2015 Relaxation Villa. All Right Reserved.